• ホーム
  • 烏龍茶を飲んで痩せよう!その効果を解説

烏龍茶を飲んで痩せよう!その効果を解説

烏龍茶はマイナスカロリーの飲み物と言われています。
烏龍茶に含まれるタンニンには、抗酸化作用があります。

体内に酸化物質が多くなると、細胞の働きが悪くなります。
人間は酸素を吸って呼吸しているので酸素は有害なものではないと思うかもしれませんが、多過ぎれば酸素は毒になります。
酸化力が強すぎる物質は細胞を酸化させて、錆びつかせます。
錆び付いた細胞が多くなると年齢よりも老けて見えてしまうこともあります。

そのほかに烏龍茶に含まれている健康・美容効果を発揮する物質は、カフェイン、カテキン、テアニン、ポリフェノール、多糖類、などです。
カフェインには利尿作用、覚醒作用、疲労回復作用があります。
肥満している人は体を動かす機会が減って利尿作用が減退していることもあるので、むくみ解消に良いです。
疲労回復効果は、運動効率をアップさせてくれます。
カテキンにはがん予防、血圧抑制、抗ウィルス作用があります。
肥満症の人は脂肪が多くなりすぎることで血液の濃度が高くなっているので、それを解消するのにもカテキンは向いています。

テアニンにはリラックス効果があります。
痩せたいからダイエットしようと思っても、イライラして暴飲暴食に走ってしまい失敗を繰り返している人におすすめです。

ポリフェノールには肥満防止効果があります。
さらに虫歯予防にもなるという一石二鳥の成分です。

多糖類は血糖値を低下させるのを防いでくれるので、食べたのにお腹が減るという感覚を抑えてくれます。

痩せるためにはメンタル面を整えることが大切ですが、それにも烏龍茶は力を発揮してくれます。
烏龍茶を飲むと自律神経の働きが整い、緊張を和らげることが出来ます。

痩せるために飲むのならば、一度に一気に飲まずに一回につき200ccずつこまめに摂るようにしましょう。

関連記事