• ホーム
  • 肥満が心配なら一度検査も考える

肥満が心配なら一度検査も考える

お腹の脂肪に悩む肥満男性

肥満になっている人は特に海外では非常に多いですが国内でも男性、女性問わずいるといわれており、様々な病気を招くようになります。
国内ではストレスから来る肥満が非常に多くなっており男性、女性ともに30代~40代中心に目立ちます。
肥満は骨や関節への負担が大きくなる為、腰痛や膝痛なども起きやすくなります。
又重症な場合は突然死や乳がん、子宮がんなど多くのがんの症状にかかりやすくなっています。
日本人では肥満の場合海外の人のように激太りをする事は珍しいですが、少しでも太ると糖尿病などの生活習慣病になりやすくなります。

これらの事から肥満は危険信号という事になりますが、肥満が心配な場合では一度検査も考える必要があります。
肥満の検査ではBMI指数と呼ばれるものを計算する事で簡単に分かるようになっておりこの指数が25以上の場合肥満症と言われています。
肥満症には実に様々な病気がありますが、特に内蔵型脂肪肥満に当てはまる人の方が病気になりやすくなっています。
肥満を改善するには個人個人肥満の症状が違う為、医師と相談して自分に最適なものを選択する形になります。

多くの治療方法は食事療法、運動療法、薬物療法を組み合わせたものになっています。
食事療法は効果が大きいですがリバウンドしがちな為、運動療法を取り入れる事で防ぐ事が出来ます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧